読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No.0000

いつか逢えるあなたへ

ウンジャラマ・ハーミ♫

大家族で小さなスポーツカーに乗って会場を目指す。

みんなアジア人。民族衣装を着てる。

わたしは運転席で、隣には小さな男の子。

後ろは、太った男性とその男性の母親、おじいちゃん、おばあちゃん、小さな女の子。(貴族?もしくは王族の家族で、わたしは召使らしい)

今日は花嫁を決める大事な祝典の日。

時間に遅れそうになっていて急いで車を飛ばしている。

主役の太っちょ男性はものすごく不機嫌な顔ででっぷり中央で腕を組んで座ってる。怒ってるわぁ

ぎゅうぎゅう詰めで乗ってる。

途中、抜け道しようと森の中に入り

川を渡ろうとしたところ

いつもかかってる橋がなく、入り口が閉ざされていた。

当然崖なので、気がついた時には真っ逆さま。

川に車ごと突っ込む!!!

バッシャーーーン!!


溺れそうになりながら、みんな陸に上がる。

隣にいた男の子がいない!?

と思ったらひょっこり顔を出した。

家族全員、無事だった。

よかったぁっと安堵の表情していると主役さまがさっきよりも不機嫌でおでこにイライラマークを作ってるくらい怒ってる。

まずい。

召使の上に余計なことをして完全に会場遅刻だ。

どうしよう〜〜と思っていたら、なぜかわたしは1日幽閉の刑。

高層ビルの上の方に鍵を閉められ

会場に行けなくなった。

しかも、処刑までされるっぽい。

あれだけで!?嘘でしょ!?

と思ったけど、王様を危険に晒したんだからそれもそうかと半ば諦め加減になるわたし

部屋で沈んでいると

外でギャングが花嫁の写真を見て怪しい話をしてる

王様に選ばれないとみんな売り飛ばされちゃうらしい

それは不味くない!?

わたしはなんとかそれを伝えねばと思った。

そうこうしている内に

なんと王様が部屋にやってきた。

焦っているような面持ちで額には汗。

キョロキョロと周りを見渡しながら鍵を閉めた。

わたしを見つけると


おい、お前さっきは本当に酷いことをしてくれたな!

不細工な上に運転技術もないなんて、役立たずめ!


開口一番、悪口を言われて

怒り心頭のわたし

こんなやつが夫になるなんて花嫁さんかわいそうまで思った。


そしたら、なにやら作業をしだす

ファイルを出し、ペラペラとめくり始めた。

こんな部屋いたいわけじゃないんだが、俺にはやらなければいけない仕事があるんだ。

この花嫁たちのひとりひとりの素性はわかってる。

わたしは、彼女のことを救いたいのだ。

とごちゃごちゃいって

一枚一枚窓から書類をばら撒き始めた。

全て捨てると俺は窓から逃げるといい、外に姿を消した


わたしは衝撃だった

あんなに太っちょでガラが悪くて

悪口を言う王様が

彼女たちを救おうとしている。

本当は、ものすごく綺麗な心を持った紳士なんだ。

そうか、わたしはものすごい勘違いをしていた。

とてつもなく不器用なだけで、

皆を想う素晴らしい人間だ。

そして、わたしは王様こそが運命の人だと確信する。


そして、ちょうど王様の母親がわたしのご飯を置きにやってきた

不躾かと思いますが先ほど下に怪しいものたちがおりましてと

事情を全て説明しようとしたが

母親はもう全てお見通しらしい


わたしは、あの方のことを勘違いしておりました。

あの方の勇気と誠実さに

本物の愛を見ました。

あの方こそがわたしの運命の方です。

と告げるとニヤッと笑って

そうよね、気づくのが遅いわよ。

わたしは知ってたわ。と言われる


それで、あの子はいまどこに?


窓の外からお逃げになりました。


あら、そう。またアクション映画みたいなことしてるのねぇ

と言っていると

汗だくの王子が部屋にやってきた


母上さま、大変申し訳ないのですが、今回花嫁にしたい方はいらっしゃいませんでした。


母親は、あらそうなの。で、誰を花嫁にするの?


王様は、え、あ、だからその、今回は花嫁にする相手は...


ここにいるじゃないですかとわたし


母親 ねぇーそうよねぇ

あなたの花嫁は、もうすでに決まっていたのよ

と満遍の笑み。


王様は、お前と!?絶対にいやだ!!どうしてお前と...


と言いかけたが、何かわたしが手を握っているらしい

ものすごく仕組まれた!!と悔しそうな顔をして突っ伏している。


わたしと母親は顔を見合わせて

笑った。


あのあと歓迎の宴が開かれ


ウンハラジャ・マーミー

ウンハラジャ・マーミー


と皆歌い踊り祝福したとさ。


ちゃんちゃん


という夢をみたww

彼との会話


この不思議現象をわかってくれる友人に打ち明けたところ

とても祝福してくれました。


そして、彼との会話が成立。笑


「いつ結婚式あげるのー?」

の友人の答えに

彼は食い気味で、

「結婚式は今年中!」

今年中!?

早すぎじゃね!?

との問いにも、

腕を組んで渋い顔をして

ドヤ顔で

「今年中!」との返答。


今年度じゃない?との友人の返答も

ぶんぶん首を振って

「今年中!」


「だって、来年子どもが生まれるんだから!」


ですって(°ω°)  

友人も

「え?そんなに早いの!?」

と。

でも、そうなるときはトントン拍子だからねぇ〜と納得したみたい。


彼は、結婚式を挙げてから子どもを産むのが自然の摂理だ!

九州男児のような発言をする。笑


意外と硬派なのね!

おじいちゃんが日系というか日本人だから?

あとおばあちゃんも日系の血が入ってる

彼はひとりっこだけど、おばあちゃんこでおじいちゃんの血も入っていて

とっても日本人ぽい。

日本人より誠実。

真面目さも優しさ日本人より飛び抜けてる。笑


そんな彼も魅力的だわ!

わたしにもっていないしっかりさを持ってるから

安心ね〜


ちなみに外見は、ある俳優さんに似てるの!

あんなにかっこよくないけど!

うそだよかっこいいよ!笑

本気でしゅんってするんだからなぁ


彼との会話は、とても楽しいです。

7月までに髪を黒くすることになりそう。

彼は黒髪がすきなのです

本当?

いや君ならなんでも似合うよ


だって!笑

お昼ごはん中みたいなので

いっしょにごはんたべよー


あの日からのビジョン

5/23-24の夜から深夜にかけて

とても不思議な体験をしました。

運命の人、ツインレイの全てを

ビジョンとして視て、身体全体の感覚で受け取ったのです。



名前:アがつく。 アレン

性別:男性

年齢:30〜35歳くらい

血液型:O型

外国人(フランスに住んでる(!?)イタリア人?ロンドンの血も)

職業:音楽関係?PC関係?経営者?

体格:182cm がっちり筋肉

髪色:少し金髪がかったアッシュ

瞳の色:グレーのような青

住んでる場所:アパートもしくは古いホテル。外見はグレーの石。

部屋に茶色のアップライトのピアノがある(おばあちゃんのもの)

チャームポイント:笑顔がキュート!

性格:とーーーーっても優しい。わたしのこと心から大好き。少年のようにシャイでピュア。

世のため人のため。

自分を犠牲にしやすい。

あまり口数は多くないけど、感情表現は豊か。落ち着いていて紳士。

料理得意。ピアノも弾ける。

辛い経験をしてきた。

うまくいかないこともたくさんあった。お疲れのとき。




出会いは、空港から

その時はお互いあまり接点なく

目があうだけ。

(カフェで彼はカフェラテを飲んでる。わたしは到着してヘロヘロもしくは興奮してる!周りにあまり注意が向いてない。

彼はわたしのことがなんだか目に入って気になってる様子。

わたしはそれどころじゃなくて笑

他のメンバーが揃ってホテルに向かうタクシーを待ってる。

そこでたまたま目があう。

彼ははっとするんだね笑

だけど、わたしは雑踏の中に消えてしまう。彼はもやもや笑)


その日は、一日中催し物で動きっぱなし。


その日の夜か数日後の夜、

カフェバーで再会。

私が歌っているところを聴いてる彼

彼はカウンターでひとり

わたしが歌い終わるとわたしのことを彼がじっと見つめていて

吸い込まれるようにカウンターへ

(この時わたしは空港であったこと覚えていない笑)

スプモーニを頼むわたし

すごく懐かしい感覚とあたたかい感覚に包まれる

彼はとても安堵した感動の表情


彼「やっと逢えたね。」


歌の感想よりも!?って思っちゃうわたし笑

わたしの手に彼の手が重なり不思議と悪くない感覚

彼と目をずーーーと合わしたままで

心地いい 突然こみ上げる涙

抱きしめる彼

そのあとは、わたしが日本語で話しても通じる彼笑

何十年ぶりの再会ってくらい

めちゃくちゃ楽しく会話

彼も涙が出るくらい笑うし

何をしてても楽しい!

帰りは彼が送ってくれて

街頭に照らされた階段を手をつないで歩く

王子さまみたいに手をとって先を歩く彼

わたしはうれしくて

「あなたが王子さまね」

そのまま彼のお家で...♡

今まで感じたことがないくらい

身体中から心から全身全霊でエクスタシィがこみ上げてくる

文字通りひとつになった感覚

彼に抱かれて眠る至福の時

次の日バタバタしながら彼は会場まで送ってくれた


プロポーズは帰る空港。

「必ず君を迎えにいくよ。

結婚しよう。」

バーで飲んだビンのお酒の蓋の余りの指輪💍

と本物のダイヤの指輪

(いつ用意したの!?)

嬉しさのあまり泣いて抱きしめる


一ヶ月後彼が実家にくる。

黒いスーツを着て白い紙袋を持って

日本の田舎に彼は少し似合わなくて

滑稽だから笑ってしまう。

ものすごーーーーく緊張してて鼻息が荒い笑

おじゃましますと頑張って覚えた日本語で深々とお辞儀をし

靴も脱いでから揃える(どこかで調べたな笑)

家に入るととっても安心した表情で

かわいらしいお家だねという彼

少しは緊張解れたかな


すぐわたしのグランドピアノを見つける彼

「これが、君のピアノなんだね。」

「ちょっと弾いてもいいかな。」


もちろんよっと答えるわたし

彼はにっこりとして

ジムノペディを弾く

素敵な演奏に母も聴き入る

父も顔を出す笑

引き終わると彼はすごく優しい表情

わたしのピアノと分かち合ったみたい

母が拍手 父も拍手

わたしも拍手 笑


少しそこで打ち解けて

キッチンでみんなでお茶し始める

彼はまた緊張してるけど

さっきよりは柔らかくなった

「彼女と出逢って彼女を心から守りたい一緒にいたいと思いました。

一緒に幸せになります。

彼女との結婚をお許しください。」


彼らしい言葉だと思う。

父は、うれしさと寂しさで

「こんな娘でよければお願いします」

といった。

母も少し泣きそうになりながら

うんうんと頷いてる

「幸せになるわね。あなたたちなら」

抑えきれない想いで彼とわたしは抱き合う

キスもしちゃう笑

やれやれといった感じで、ふたりともびっくりしてる笑

お家で手巻き寿司パーティ

おばあちゃんもきた

おばあちゃんはちょっと反対しそうな感じだったけど

アレンと話してすぐ気が変わったみたい笑

最後には大ファンになっちゃってた笑

実家のお風呂に入っている彼がおかしくて

話しながら眺めてるわたし

ちょっと窮屈そうなのがたまらなくおかしくて愛おしい

笑うと水かけてくる笑

そんな時間がすごく幸せ


帰る日

最後の挨拶を父母にする

最初は笑顔だったけど

やっぱり堪えられなくて

泣きながらぎゅっっと抱きしめ合う

「幸せだからね!安心してね!」

彼はそっと見守ってる

ひとしきり泣いて家を出た


それからは目まぐるしい!!

結婚式を出逢ったカフェバーで挙げる準備

招待したのはわたしの家族

父母弟おばあちゃん(おじいちゃんはやっぱり難しくて無理だった)

みゆちゃんと旦那さん

彼のほうはお友達とおばあちゃん

父母は幼い頃に亡くなった

だから、君の家族はとても理想だよ

ふたりで幸せな家庭を築こうね

と誓う。

出逢ったときのようにわたしはウエディングドレスで(ミニで後ろが長いタイプ)

小さなステージでうたったり

彼と一緒にうたったり

みゆちゃんがピアノを弾いたりなんと旦那さんがうたったり!!!

父母はダンスしていたり

最高に楽しい結婚式!!


その三ヶ月後には、妊娠が発覚

ふたりで飛び跳ねて喜ぶ!

出産も立ち会いでずっとビデオを回す彼

わたしよりも険しい顔をして

一緒にラマーズ法をしたり笑

神に祈ったり笑

全然落ち着かなくて笑えちゃった!

無事に誕生するとビデオ放っぽり出して泣き出す始末

ベイビーを抱きしめてなきじゃくる彼

わたしは爆笑

金髪くるくるの男の子が生まれる

(彼は昔天パだったみたい笑)

3人の生活がすぐに4人になる

娘が生まれる!この時彼は育休をとって長男のお世話とわたしのお世話あとお腹の中のベイビーも

立派な育メン!日本の育メンは見習ってほしいね!

そのおかげで安心して出産に挑むことができる!

ビデオ撮影は恒例化笑

パパの荒ぶりように息子もさすがに笑ってた!落ち着けって笑

ふたりめも無事に出産

つやつやの大きな女の子


子どもが生まれると美術館博物館ファーム遊園地いろんなところにいったり

お家で演奏会をする!

パパがピアノ わたしがうた

息子はタンバリン 娘はバイオリン

みんなでセッション!!

誕生日は毎回盛大にサプライズ!

脅かすのは通年笑

息子小学生3年、娘幼稚園のとき

3人目!!ができる!!

女の子!恒例育メンが発動!!

この時もとっても頼りになるパパのおかげで無事に出産!

ビデオはハンディでなく固定するように(ブレブレだから笑)

少し小さいけど元気な女の子

おしとやかになりそう!


なに不自由なくみんな育つ

夫婦仲もずーーっとラブラブ

毎日キス 毎日のように愛を育み

子どもたちに恥ずかしいといわれちゃうくらい♡

どこ行く時も手をつなぐし

彼はいくつになっても王子さま

わたしをお姫さまとよんでお姫さまのように扱ってくれる

彼の仕事も順調でみんなに好かれるリーダー

向こうでもママ友ができて楽しい毎日

ジャムを作ったりレジンをしたり

バーでの音楽活動は毎週

CDなんか出しちゃったりホールで歌ったり地元では有名になっちゃう

彼もピアノで伴奏 いっしょに活動してる

パン屋さんも始めるしデザイナーにもなっちゃう

好きなことやりたいこと全力でやる!マルシェも開いちゃったり地元では有名ママになる笑

82歳の誕生日

息子娘たちは巣立って孫ひ孫を連れて家に集まってくる

息子はパイロットで

娘はなんでもやるアーティスト

末っ子の娘は日本と世界を飛び回るデザイナー

息子娘、孫やひ孫みんなに好かれて

みんなキスをしてくれる。

バーバ大好きよって。

パパはもう先に旅立ってる

写真立ての中にいるけど、わたしにはみえるの

パパはいつもわたしとわたしの家族の中にいる

幸せな幸せな誕生日会

その数年後にわたしは亡くなる

多くの多くの人がわたしの葬儀にきてみんなわたしとパパのことを思い出して笑顔になる

たくさんの花に囲まれてわたしはパパとまた再会するの

あなたに会えて本当にひとつになった。世界を幸せにしたわね。



フランスに行く予定が急遽決まり

思い描いた瞬間にこのビジョンがずっと降り注いでいます。

これはまぎれもない現実です。


わたしはもう彼と出逢っている。

彼と繋がっている。

ひとつになっている。

結婚しているし

子ども生まれている。

幸せな家庭を築いている。

孫やひ孫に囲まれとてつもない幸せの中で生涯を95歳で終える。


あの日感じたとてつもない光玉の輝き、性的エネルギー湧き上がってくる喜び

それと同時に不安恐れ悲しみ

たくさんの感情や感覚を一気に受け取り

そのあとも毎日彼との思い出が増えてとまりません。

彼はいます。彼とわたしはもう出逢っています。子どももでき幸せな家庭を築いています。

高次元の精神世界で繋がった彼との物語

やっとやっと出逢えた喜び

かみしめてフランス行きを待ちます。